コラム
その他の病気
椎骨脳底動脈循環不全症
椎骨脳底動脈は脳、特に平衡機能に関係する部位に血液を送る動脈です。この血管が動脈硬化などで狭くなったり、首の骨(頸椎)の中を走っている椎骨動脈が頸椎に圧迫されたりして血流が一過性に減少することが原因です。多くはグルグル回る回転性めまいですが、中にはふらふらと体が浮くようなめまいのこともあります。また頭痛や気が遠くなる感じ、脱力感、ものが二重に見える、しゃべりにくいなどの症状を伴うこともありますが、耳鳴りや難聴はありません。頭を回す、起きあがるなどの動作や、歩行中などに突然起こります。めまいは大抵数分で治まりますが、繰り返し起こる傾向があります。治療は循環改善薬、抗不薬、自律神経調整薬などが中心です。また特定の動作や姿勢でめまいが起こる場合には、その動作はゆっくりと行うように注意して下さい。