コラム
みみの病気
急性中耳炎
のどや鼻の奥の細菌が耳管を通って中耳に入り中耳炎が起ります。小児は耳管が太短いため容易に細菌が通過しますし、ハナをかんだり咳などの風圧でも細菌が送り込まれます。耳の痛みは普通は初期のみで一晩程度です。その後は耳のつまった感じ、聞こえにくいなどの症状となります。熱も軽微な場合が多く、38度以上の発熱は原因である風邪の熱と考えてよいでしょう。ここに重要なポイントがあります。大人は自覚症状を訴えることができます。しかし、小児は痛みは訴えますが、熱や痛みが無くなると平気でいますので、中耳炎を見過ごすことがあります。中耳炎の原因はほとんどが風邪です。 つまり耳管を通って風邪のウイルスや細菌が鼻から中耳に入って起こるのです。したがって小さな子供さんが風邪を引き、ハナがよく出ている時は注意しましょう。治療は抗生物質と鼓膜切開が中心ですが、同時に鼻の治療も大切です。鼻の奥の細菌と中耳炎の細菌はほぼ同じですから、鼻の奥の鼻汁も取り除かなければなりません。耐性菌の問題もあり、中耳炎は出来るだけ早く治療を始める必要があります。よく、お母さんから鼓膜切開をすると癖になるのではと聞かれますが、そんなことはありません。鼓膜切開は中耳炎に対して重要な治療法の一つです。再発を起すのはまた別の問題です。