コラム
はなの病気
アレルギー性鼻炎とは
アレルギー性鼻炎は現代の国民病とも言われ、非常に多くの方がこの病気に苦しんでいます。
スギ花粉症の方には毎年1〜3月のスギの季節が憂鬱でしょうがないと思います。
たとえ花粉数が少ない年でも、しっかり症状が出る方も珍しくありません。
残念ながら現在の医学ではアレルギー性鼻炎を完全に直すことはできませんが、治療によって症状を軽く、または日常生活にほとんど問題のない状態にすることは可能です。
アレルギー性鼻炎は室内塵(ハウスダスト)とダニや花粉などが鼻の中に吸い込まれて起こります。このようなものが鼻の粘膜に付着するとくしゃみ、鼻水、鼻詰まりなどの症状になります。
ハウスダストやダニなど季節に関係ないものが原因の場合は症状も季節に関係なく出ますが、花粉の場合は花粉の種類によって季節が決まっています。最も有名なのが春先のスギ花粉症です。
花粉症の場合にはさらに目のかゆみや涙など目の症状も多く見られます。さらに最近の調査ではノドでもアレルギーが起こることがわかってきています。特に私達が調査したところスギ花粉症の約半数の患者様には咳やノドの違和感(イガイガ感、異物感など)など何らかのノドの症状もあります。
アレルギー性鼻炎の治療は患者様ご自身で行って(気を付けて)いただくこと、すなわち自己対策と、我々医師が行う治療があります。