コラム
はなの病気
鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)
鼻中隔とは鼻の真ん中にある左右のしきりのことです。

このしきりが右または左へ曲がっている状態を鼻中隔湾曲症と言います。
ヒトの顔や頭が成長していく過程で徐々に曲がってくるもので、誰にでも多少の湾曲はあるものです。
が、程度がひどかったり、アレルギー性鼻炎や慢性鼻炎などを伴っている場合には鼻づまりの原因となります。また湾曲がひどいと副鼻腔と鼻の中との連絡口が狭くなって副鼻腔炎が治りにくい場合があります。
何も症状がなければ気にすることはありません。鼻中隔湾曲症があって鼻づまりが強い場合が治療の対象になります。
根本的に治すのは手術になります。