コラム
のどの病気
急性扁桃炎
急性扁桃炎は恐らく誰でも経験したことがあるありふれた病気です。
38度を越える(39度以上になることも珍しくありません)熱が出て、ノドが非常に痛くなります。痛みのために食事がノドを通らなくなることもよくあります。
 抗生剤と消炎鎮痛剤で治療します。
通常はこのような薬の内服で徐々に症状は軽くなり、1週間前後で良くなります。しかし、食事ができない場合には抗生剤を点滴することもあります。
 急性扁桃炎がひどくなり、周囲組織にまで炎症が波及(扁桃周囲炎)するとさらに痛み、特に嚥下時の痛みが強く、また痛みのために口が開けることすら困難になります。
さらにひどくなると、扁桃を越えてその周りに膿がたまり、扁桃周囲膿瘍を起こすこともあります。扁桃周囲膿瘍の場合は注射器で膿を抜いたり、切開排膿が必要になります。