コラム
のどの病気
慢性扁桃炎
扁桃に軽い炎症がありますが、普段はあまり症状はありません。
 問題になるのは急性扁桃炎を頻回に繰り返す(習慣性扁桃炎と言います)場合です。
明確な基準はありませんが、1年に4〜5回、あるいはそれ以上急性扁桃炎を繰り返すようであれば、扁桃をとる手術(扁桃摘出術)の適応になると考えられます。

それ以外の扁桃摘出術の主な適応には以下のようなものがあります。
・ 扁桃周囲膿瘍を起こす
・ 扁桃が非常に大きく、いびき・睡眠時無呼吸の原因になっている
・ 溶連菌感染があり、皮膚や腎臓など他の臓器に病気に関連していると考えられる