コラム
のどの病気
アデノイド
アデノイドは咽頭扁桃ともいい、鼻の突き当たりにある扁桃組織で、口を開けただけでは見ることはできません。アデノイドの大きさを正確に調べるにはレントゲン写真をとるか、鼻から細いファイバーを入れて見る必要があります。
上記の口蓋扁桃と同じように幼小児期には一般的に大きく、年齢とともに小さくなります。
 アデノイドが大きい場合には、鼻を後ろから塞ぎますので鼻詰まりの原因になることがあります。また、口蓋扁桃肥大とともにいびきや睡眠時無呼吸を起こすこともあります。
 さらに、アデノイド大きいと急性中耳炎や滲出性中耳炎を起こしやすくなります。
 アデノイド切除の手術が必要かどうかは、年齢、アデノイドの大きさ、およびこのような症状の程度を考慮して決めます。