コラム
のどの病気
いびき・睡眠時無呼吸
 睡眠時無呼吸症候群とはその名前の通り、眠っている時に呼吸がうまくできなくなる病気です。
数年前に新幹線の運転士がこの病気で停車位置を間違えたことで話題になったことを覚えている方も多いと思います。

 睡眠時の呼吸障害は4〜6%の人に見られ、そのうちの約半数が何らかの治療が必要と言われています。
 いびきや睡眠時無呼吸は肥満が大きく係わっている場合が多いですが、それに加えて上気道(空気の通り道のうち鼻や口から喉頭までの部分)が狭くなったり、閉塞したりして起こると考えられています。
たとえば、アレルギー性鼻炎や肥厚性鼻炎で下鼻甲介が著明に腫れていたり、鼻中隔湾曲症のために鼻腔が狭くなっている場合、副鼻腔炎に伴って鼻茸が大きく鼻呼吸障害の強い場合などが考えられます。
 また、ノドでは上で述べたアデノイドや口蓋扁桃が大きい場合、あるいは口蓋弓というノドの粘膜のひだ水かきのようになっていたり、口蓋垂(俗にいうノドチンコ)が長い過ぎる場合にもいびきや睡眠時無呼吸の原因になり得ます。

 睡眠時無呼吸があると夜間に充分な睡眠が得られませんので、朝起きても熟睡感がなく、昼間に眠くなります。
このようなことから仕事の効率が悪くなったり、集中力がなくなったりします。さらに、仕事中に居眠りしてしまうことも多く、車の運転中に居眠りによる事故を繰り返すこともあることが知られています。
睡眠時無呼吸症候群の方は交通事故発生立は健常者の約7倍というデータも出ています。
睡眠時無呼吸を放置しておくと高血圧や心臓など循環器系の障害、脳循環障害などが起きることも言われています。

 診断には睡眠ポリグラフィーという検査が行われます。
これは睡眠中の呼吸状態や血液中の酸素濃度などを調べる検査です。
以前は入院して実際に眠っている時に検査をしていましたが、最近は簡易のポータブルな検査装置が開発され、診療所から患者様に貸し出してご自宅で検査を行っていただくことができるようになっています。検査結果はコンピューターで解析します。

 この検査によって睡眠時無呼吸による症状が強い場合は治療が必要になってきます。
 前述のように鼻腔、ノドに問題がある時にはそれを改善するための手術(例えば、鼻中隔矯正術、下鼻甲介手術、扁桃摘出術、アデノイド切除術、など)を行うことがあります。
それ以外の多くの方にはCPAP療法という治療が行われます。これは睡眠中に鼻にマスクをつけて持続的に気道に陽圧をかける治療です。陽圧をかけることによって睡眠時無呼吸の原因になっている狭い、あるいは閉塞している部分を広くして呼吸が楽にできるようになります。
 もちろん肥満の方は減量していただくことが重要であることは言うまでもありません。