WEB順番予約システム
前のページに戻る>>急性中耳炎
急性中耳炎
■症状について

 耳の痛み、発熱が中心です。
 鼓膜の奥の中耳に炎症が起こって痛むようになり、膿がたまってくると中の圧力が高くなり鼓膜が腫れてきます。中には鼓膜の一部に穴が開いて、膿が耳だれになって出ることもあります。

■原因について

 急性中耳炎は細菌やウイルスが中耳に入って起こります。しかし、耳の穴(外耳道)の突き当たりには鼓膜があり、鼓膜を通して細菌が中耳に侵入することはありません。中耳と鼻の奥をつないでいる管(耳管)を通ってノドや鼻にいる細菌やウイルスが中耳に入って急性中耳炎を起こします。
 かぜをひいたり、鼻が多い時に急性中耳炎にかかりやすいのはこのためです。とくに、乳幼児の場合は耳管が成人より太く短い構造であるために急性中耳炎を起こしやすいと考えられます。

■原因となる細菌について

 急性中耳炎の原因になる細菌は肺炎球菌、インフルエンザ菌、カタラーリスが最も多いと報告されていますが、最初の2つの細菌で全体の約60%になります。

■治療について

 まず最初は抗生剤の内服と痛みや発熱に対する解熱鎮痛薬で治療します。この場合、急性中耳炎の上で示した細菌が多いことを考慮して抗生剤を選択することが重要です。しかし、経過をみながら薬を変更する必要が出てくることもあります。
 もうひとつの治療手段は鼓膜切開です。鼓膜切開については次の項で詳しく説明します。
 原因にところで書きましたが、急性中耳炎はかぜや鼻の調子が悪い場合に起こりやすいので、その治療も非常に大切です。

鼓膜切開について

 鼓膜切開で耳に悪い影響が出ることは通常ありません。
 鼓膜切開は急性中耳炎の場合、どの患者様にも行うわけではなく、鼓膜所見や症状などからその必要性を判断します。すなわち、熱が高く、耳痛が強い、中耳に膿がたくさん貯留していて鼓膜が腫れが強い、などの場合に鼓膜切開をすることを考慮します。切開してたまっている膿が出た方が痛みや発熱などの症状が楽になることが多いと言えます。

<鼓膜切開が必要と考えられる場合>
・耳痛、発熱が著明
・中耳に膿が多く貯まっていて、鼓膜が非常に腫れている
・抗生剤の効果が充分でない
・中耳炎を繰り返している 

<鼓膜切開による危険性について>
 最も問題となるのは、切開した穴がそのまま残ってしまうことでしょう。しかし、このようなことは非常にまれで、通常は穴が残ることはほとんどありません。
 “鼓膜切開をすると中耳炎が癖になるのではないか”という質問を時々聞きますが、鼓膜切開を行ったために中耳炎にかかりやすくなることはないと言えます。繰り返し中耳炎にかかりやすいのは乳幼児の耳管の特徴によるものです

当院での急性中耳炎の治療方針

まず急性中耳炎に多い原因菌を想定して抗生剤を3~5日投与します。

2回目の診察時に
・完全に治癒の場合 ⇒ 治療終了
・改善しているもの所見が残っている場合 ⇒ 同じ抗生剤をあと3~5日追加
・症状や所見が改善なく、抗生剤の効果が弱い ⇒ 抗生剤の変更細菌検査を行い、原因菌の同定と抗生剤の感受性検査

治療期間中は症状、所見から必要に応じて鼓膜切開を考慮。鼻の治療などを合わせて行う。