阪急夙川駅南口すぐ 0798-23-3714

新着情報

今年のスギ、ヒノキ花粉の傾向と初期治療のおすすめ

2021年2月3日

2月3日、今日は立春です。まだ寒い日も多いですが、暦の上では春ということになります。

春になると、花粉症の方にとっては辛い季節で、あまり嬉しくないと思う人も多いのではないでしょうか。

今年のスギ、ヒノキ花粉の予想をお知らせします。まず、スギ花粉が飛び始める時期についてです。今年の2月は例年より気温が高めの予想になっています。気温が高い年は、花粉が飛び始めるのが早くなる傾向があります。阪神間のスギ花粉飛散開始日(1個/㎠以上の花粉が2日連続観測された1日目)は2月中旬ころが多いとされています。したがって、今年はそれより少し前の可能性があります

次に、花粉の飛散量についてです。前年の7月頃の気温と日照時間と関係があると言われています。昨年は気温がさほど高くなく、比較的雨が多かったことで、花粉量は過去10年の平均に比べると少ない、昨年の花粉量と同じ位か、やや多い程度と予想されています

花粉症の方にとってはコロナ自粛が長引いて憂鬱なことが多い中で、少し明るい情報かもしれません。

しかし、花粉は少なくても症状は出ますので、対策はしっかり行ってください。実際、先週から花粉の症状が少し出て来たと言って受診される方が見られますもちろん、花粉飛散開始にはなっていませんが、わずかに花粉が飛ぶ日が時々出てくると、敏感な方はそれに反応する場合があります。

花粉症の薬は、症状がひどくなってから内服しても十分な効果が出ない場合があります。ですから、花粉が本格的に飛び出す少し前から薬を使うことをお勧めします。これを初期治療と言います。初期治療を行うことによって、強い症状が出るのを遅らしたり、ピークの時の症状を軽くしたりすることが、データとして示されています。

先程、今年は花粉の飛び出しが例年より早い可能性があることを、お知らせしました。そのことを考えると、そろそろ準備を始めた方がよいと思われます

鼻をかんだり、くしゃみをすると何となく人目が気になります。また、花粉症の鼻の症状がひどくなると、口呼吸になりやすいです。そのためにウイルスが直接ノドに入って来やすくもなりますし、目が痒くて目をこすると目からのウイルスの侵入の可能性もあります。

新型コロナウイルス感染症が収束していない今年は、花粉の量が少なくても例年以上にしっかり対策をすることが、ウイルスの侵入を予防することにも繋がるとも考えられます

実際の花粉症のセルフケアや治療については、当院のHPの「鼻の病気」の項目で詳しくご説明していますので、是非ご覧いただき参考にしてください。

お問い合せ・診療時間

  • 谷口耳鼻咽喉科

  • 0798-23-3714

    0798-23-3714

    〒662-0051兵庫県西宮市羽衣町8-10 竹内ビル3F
    阪急夙川駅南口すぐ

  • 診療時間

    予約診療について(ネットから予約)
    午前9:30~12:30 (月火木金土) 午後16:00~19:30(月火木金)

  • ※水曜・日曜・祝日は休みです。 土曜日は午後休診です。
    ※月曜日午後診(月曜日が休日の場合は火曜日午後診)および土曜日は耳鼻咽喉科専門医2名で診療しています。
    ★金曜午前の副院長の診察は補聴器相談です。
    補聴器相談は、日本耳鼻咽喉科学会認定補聴器相談医である石田恭子医師と認定補聴器技能者が補聴器相談を行っています。 まず、一般の診察を受けていただき、聴力検査など必要な検査を行って、補聴器が必要かどうかを判断いたします。その上で補聴器相談外来に予約いたします。 なお、補聴器相談の予約はWeb予約ではできません。ご了承ください。