阪急夙川駅南口すぐ 0798-23-3714

めまいQ&Aコラム~めまいの不安に関する質問にお答えします!~

【めまいに関する解説ページも併せてご覧ください】
※各ページにリンクします。
・めまいの全般的な解説
・良性発作性頭位めまい
・メニエール病

 

Q. めまいが起こった時の対処方法を教えてください!

A. ベッドで休むなど楽な姿勢で安静にして下さい。じっとしていると比較的短時間でひどいめまいは落ち着いていく場合があります。体を動かすと再びめまいが起こることもありますが、まずは慌てないで安静にして様子をみて下さい。この際、部屋はあまり明るくしすぎない方が良いでしょう。また、大きな音など刺激は避けて下さい。
少し落ち着いた時点で、医療機関を受診して下さい。
ただし、手足がしびれる、動かしにくい、意識がおかしい、物が二重に見える、言葉が話しにくいなどの、症状がある場合は、脳に原因があることも考えられますので、すぐに救急車を呼んでください。

 

Q. どんなめまいが危険なめまいですか?

A. めまいだけでなく、ひどい頭痛がある、特に左右どちらかの手足がしびれる、あるいは動かしにくい、意識がぼんやりする、物が二重に見える、言葉が話しにくいなどの、症状がある場合は、脳梗塞など脳の病気によるめまいも考えられます。このような場合は、様子をみていないで、すぐに救急車を呼んでください。

 

Q. 何科を受診するのが良いですか?

A. めまいは内耳など耳の病気によるものが多いと言えます。
手足のしびれ、動かしにくい、物が二重に見える、言葉が話しにくい、意識がおかしい、激しい頭痛、などの症状がある場合は、脳の病気を疑う必要がありますので、すぐに脳神経外科に受診(必要に応じて救急車で)することをお勧めします。
上記のような脳の病気を疑う症状がない場合、特にめまいに加えて、難聴、耳鳴り、耳閉感などの耳の症状を伴う場合は、耳鼻科を受診するのが良いと思われます。
もちろん、脳に異常がないかチェックするために、最初に脳神経外科を受診するのも間違いではありません。

 

Q. 受診するタイミングがわかりません!

A. 脳に原因がありそうな場合は、迷わず救急車を呼んですぐに医療機関を受診して下さい。
それ以外の場合は、めまいが少し落ち着いた時点で受診して下さい。めまいが消失してしばらく経過してしまうと、種々の検査で所見が出なくなってしまうことがあります。

 

Q. めまいはどんな病気で起きますか?

A. 耳、とくに内耳の異常によるめまいが多いと言えます。しかし、それ以外には、脳梗塞など脳の病気によるもの、血圧の異常、貧血など内科疾患に伴うもの、自律神経の異常によるもの、更年期などホルモンバランスの異常によるもの、また、飲んでいる薬(降圧剤や精神安定剤、総合風邪薬など)によるもの、など多くの原因があり得ます。
原因がこれらの単独ではなく、いくつかの要因が重なっている場合も考えられます。

 

Q. めまいを起こす耳の病気はどんな病気ですか?

A. 耳の病気で最も多いのは良性発作性頭位性めまいです。この病気は三半規管の中を耳石が動くために起きると言われています。めまいを起こしやすい頭の位置があり、ジッとしていると長くても数分以内にめまいは軽快します。しかし、また同じ頭の位置をとるとめまい発作が起きるのが特徴です。難聴や耳鳴りなどの症状は伴いません。
メニエール病はよく聞く病気です。この場合のめまいは激しい回転性のめまいが比較的長く(数時間など)続きます。めまいと同時に難聴や耳の詰まった感じ、耳鳴りなどの耳の症状を伴います。また、めまい発作を反復するのも特徴です。
これ以外には前庭神経炎や突発影難聴、外リンパ漏に伴うめまいをあります。また、真珠腫など中耳の病気に伴ってめまいが起きることもあります。

 

Q. 日常生活上の注意点を教えてください!

A. 疲れやストレスが溜まると自律神経が乱れやすくなります。この自律神経の乱れが原因の一つとなってふらつきが起こるとされています。
疲れたら十分に睡眠をとって体を休めましょう。また、バランスのよい食事を心がけるとよいでしょう。ストレスを感じたら、趣味や娯楽の時間を作ってリフレッシュする、軽い運動をするなどして、ストレス発散に取り組みましょう。

お問い合せ・診療時間

  • 谷口耳鼻咽喉科

  • 0798-23-3714

    0798-23-3714

    〒662-0051兵庫県西宮市羽衣町8-10 竹内ビル3F
    阪急夙川駅南口すぐ

  • 診療時間

    予約診療について(ネットから予約)
    午前9:30~12:30 (月火木金土) 午後16:00~19:30(月火木金)

  • ※水曜・日曜・祝日は休みです。 土曜日は午後休診です。
    ※月曜日午後診(月曜日が休日の場合は火曜日午後診)および土曜日は耳鼻咽喉科専門医2名で診療しています。
    ★金曜午前の副院長の診察は補聴器相談です。
    補聴器相談は、日本耳鼻咽喉科学会認定補聴器相談医である石田恭子医師と認定補聴器技能者が補聴器相談を行っています。 まず、一般の診察を受けていただき、聴力検査など必要な検査を行って、補聴器が必要かどうかを判断いたします。その上で補聴器相談外来に予約いたします。 なお、補聴器相談の予約はWeb予約ではできません。ご了承ください。